2019年02月17日

私がおススメする、自家製酵母のパン屋さん紹介〜タロー屋〜


こんにちは。

今日は、先月、仕事がお休みの日、去年ずっと行きたいと思っていたパン屋さん、
タロー屋 さんの紹介です。
http://www.taroya.com/

【わくわく!超原始的に作るパン】
・
かえこ、北浦和へ(^^)/
・
昨年から、ずっと気になっていたパンやさん、『タロー屋』さんへ行ってきた!
・
何が気になっていたかというと、私がずっと、一人で酵母起こしてパン作って遊んでたことを、パン屋さんとして取り組んでいること!!
・
普通、パン屋さんっていうのは、イーストを使ったり、自家製酵母といっても、パン種を使って作るのですが、ここのは、なんと、色々な果実の酵母をそのまま使っていること!
(私がやってるのと同じなの。)
・
もう、考えただけでクラクラしちゃう。。。まぁ、なので週に2回しか営業してないみたいなのですが。でも、この方法で、何種類かのパンを作り、定期的に店を開けるのは、なかなか凄いことだと思うんです。
しかも、その辺の実をとってきて酵母を起こしてみる。とかいう、入りかたも私と一緒(笑)
・
私が今回買ったのは、
○りんご酵母のシナモンロール
○すりつぶし苺酵母の食パン
○イチジク酵母のフィクッワ(でいいの?)
・
これも、次回のパンの会でシェアしようかな😃
・
しかし北浦和、凄い!(1つの駅にバーガーキングとモスが2つもあるって😲)
・
とりあえず、今夜、これらのパンの試食をしてみたいと思います。楽しみだ。
・
・
#発酵 #発酵食 #発酵食品 #自家製酵母 #自家製酵母パン #北浦和 #タロー屋 #パン屋 #酵母 #酵母まかせのパン屋さん #ワクワク #凄いパン屋さん #いちご酵母 #りんご酵母 #イチジク酵母 #画像が綺麗でなくてごめんなさい


Instagramに投稿するだけで、ブログの方にも投稿していたものだと思っていたのですが、全くもって忘れていました(;^ω^)
もうちょっと、FacebookとInstagram、ブログを上手に活用していきたいものです。


【酵母好き、微生物好き、植物好き、な食いしん坊の為の オススメ本】
・
1月に行った、私がワクワクするパン屋、タロー屋 さんの本が届きました!
・
うーん、やはり楽しい!
・
一般的に自家製酵母パンは、起こした酵母液をそのまま使わず、酵母液を起こした後、その液を培養したパン種を作ってから粉に混ぜるのが主流なのですが、この本に出てくるパンは、酵母液をそのまま入れて作ってます。そうすることで、その植物自体の味や香りを感じることが出来るんです。
・
でも、そうすると数も出来ないし、膨らむ力は弱めだしで、私は正直、その方法で色々な種類のパンを作ることは半ば諦めていました。
・
でも、この方法で様々な種類のパンを作って、沢山のパンを売っているお店があるんだ!というのは、自家製酵母パン作りの希望の星だと思うのです!
・
純度の高い、元気な酵母を起こす。というのが一番のポイントなので、レシピ通りに作ってもおそらく、必ず上手くいくとは限らない。だけど、パン作りに関してあまり厳しいこと、細かいことが書いていないのが私には嬉しい。
・
やってることはパン作りなんだけど、果実を収穫して、酵母を起こすことで、植物や季節、自然の風景、生き物の不思議を読感じ取れるという、酵母パン作りの魅力が伝わってきます。(そう、そこが私も好きなの!)
・
今日は休みだったので、先日のパンの会で頂いたお金で、パンの材料と、欲しかった台所用品を買ってきて、その新しいボウルで新たな種類のパンの仕込み。
・
気分上がります(≧∇≦)
・
この本を参考にしながら、自分に合う作り方、模索していきたいと思います。
・
酵母パン作りで私と似た趣向の方、オススメですよ(^^)
・
・
#発酵 #発酵食 #発酵食品 #酵母 #自家製酵母 #タロー屋 #パン作り #生き物好き #微生物 #自家製酵母パン #私のオススメ #オススメ本 #発酵好きの為のオススメ本 #植物と暮らす #元気な酵母 #文章長いな #仕込んでいるのは


数日後、本も買ってしまいましたの(^.^)

春夏秋冬、季節の酵母が香るパン




コチラの、私がこれまで読んできた本の紹介ページにも追加しておきました。


ここのパン屋さんの凄いところは、
売っているパンを全て、ビンに植物と水を入れて発酵させて起こした酵母液のみを使用しているところ


自家製酵母パンを売りにしているパン屋さんだとしても、
普通、酵母液と粉を合わせて、中種(若しくはパン種)を作ってからパンを作ります。

何故そのようなことをするかというと、
その方が酵母が培養されて、元気に、強くなるから。増えるから。
つまり、しっかり膨らむパンが作れるから。
あとは、パンらしい、粉の風味豊かなパンが出来るから。
培養して増やすので、沢山パンが作れるら。


まだよく分からない方は、ヨーグルトを想像してください。
種を牛乳で割って、培養するとヨーグルトが出来る感じ。それが中種(^.^)

ストレート法と中種法の違いはコチラをご覧ください。
http://cobolife.seesaa.net/article/417648258.html


ですが、コチラのパン屋さんは、パンを作る時の水分を全て酵母液を入れて作る、
ストレート法で焼いている。というところ。


その為、数も沢山出来ないし、相当元気な酵母液を作らないとよく膨らんだパンが出来ないし、パンが発酵するのにも12時間程度という時間がかかる。つまり、ドライイーストという大発明が起こる前の、とてつもなく原始的な方法でパンを焼いているパン屋さんなのです。


では、何故わざわざそのようなことをしてパンを作っているのか?



多分、多分なのですけど・・・・・

植物で酵母を起こすことが楽しいから( ;∀;)


というような気がします。


あとは、このように植物で発酵させた酵母を使ってパンを焼くことによって、
植物や果実の風味を楽しめる パンが焼けるから!!



恐らくここのご主人、自然が好きな人 なんじゃないかなぁ。って思うんです。


【わくわく!超原始的に作るパン】
・
かえこ、北浦和へ(^^)/
・
昨年から、ずっと気になっていたパンやさん、『タロー屋』さんへ行ってきた!
・
何が気になっていたかというと、私がずっと、一人で酵母起こしてパン作って遊んでたことを、パン屋さんとして取り組んでいること!!
・
普通、パン屋さんっていうのは、イーストを使ったり、自家製酵母といっても、パン種を使って作るのですが、ここのは、なんと、色々な果実の酵母をそのまま使っていること!
(私がやってるのと同じなの。)
・
もう、考えただけでクラクラしちゃう。。。まぁ、なので週に2回しか営業してないみたいなのですが。でも、この方法で、何種類かのパンを作り、定期的に店を開けるのは、なかなか凄いことだと思うんです。
しかも、その辺の実をとってきて酵母を起こしてみる。とかいう、入りかたも私と一緒(笑)
・
私が今回買ったのは、
○りんご酵母のシナモンロール
○すりつぶし苺酵母の食パン
○イチジク酵母のフィクッワ(でいいの?)
・
これも、次回のパンの会でシェアしようかな😃
・
しかし北浦和、凄い!(1つの駅にバーガーキングとモスが2つもあるって😲)
・
とりあえず、今夜、これらのパンの試食をしてみたいと思います。楽しみだ。
・
・
#発酵 #発酵食 #発酵食品 #自家製酵母 #自家製酵母パン #北浦和 #タロー屋 #パン屋 #酵母 #酵母まかせのパン屋さん #ワクワク #凄いパン屋さん #いちご酵母 #りんご酵母 #イチジク酵母 #画像が綺麗でなくてごめんなさい



メニューも、何だかワクワクするでしょう(^.^)

私はこの日、すりつぶしイチゴ酵母の食パンと、りんご酵母のシナモンロールなどを買ってみましたが、
食パンなんか、イチゴの香りがふんわり香ってきて、まるでイチゴを食べているような気持ちになりました。


私も日々、タロー屋さんと同じようなやり方でパンを作ってます。
私はまだまだ試行錯誤しているので、こんな風にお店として営業していることに希望を感じました。



今年は、もっと酵母を起こす楽しさをもっともっと伝えていけたらと思います。
そして、美味しく出来るパンを増やしていくことに挑戦していきたいと思います(^^)/




2019年02月12日

第三回 自家製酵母パン教室を開催しました

こんばんは。
今日は、自家製酵母パン教室でした。

51724447_2251216445141010_6766115302854885376_n.jpg


今日のレッスンは、あいよ農場さんの豊実箱に入っていたレモンで起こしたレモン酵母パンと、お庭の(多分)でこぽんを使用しての酵母の起こし方レッスンを行いました。

52293310_2251216425141012_1832033130630873088_n.jpg


生徒さんは、以前、自家製酵母パンのイベントで、私が持っていったパンを食べたことがきっかけで興味を持ってくださった方。

発酵食の知識もあり、自家製酵母パン作りもされてたものの、手間も時間もかかるので、ライフスタイルに合わせずらく、最近はやっていなかったとのこと。

それもそのはず。
自家製酵母パン教室は通常、パン作りを勉強してきた先生が、イーストで作ったパンを勉強してから、自家製酵母パンづくりを勉強している為、レッスンの内容が、いかにプロ級のパンを作るか?!に焦点が当てられているから。

一方、私の自家製酵母パンはというと、元々は発酵の勉強をしてから自家製酵母起こしをし、その後にパン作りを必要に応じて勉強している。という順序。その為、私のライフスタイルに合ったパンなのです。それと、いかに美しいパンを作るか?というよりも、いかに、果実や草花を感じ、活かしたパンを作るか?!に焦点が当てられているのです。


お伝えした方法が、あまりに簡単に作れること、発酵の見極めなど、モヤモヤしていたことが腑に落ちた様子で、『またやってみようという気が出てきた!』とのこと。


焼けたパンを見て、こんなの挟んで焼いてみたら美味しいかも!?など、アイデアも湧いてきた様子で、生徒さんのワクワクパワーを高めるお手伝いが出来たことが何より嬉しく感じました(^.^)


次回はいつにしようかな?
また開催する時には、Facebook等でお知らせしますね。


posted by COBO at 00:01| Comment(0) | その他 お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。