2015年04月01日

酵母について1〜天然酵母って何?〜

天然酵母パンという言葉、最近よく耳にする方も多いかと思います。

私たちが一般的にパンを作る時には、ドライイーストとばれる、顆粒状のものを使用しているのですが、これは、元々、野性に存在していた酵母菌の中で、パン作りに最も適した種類を純粋に培養したものだそうです。いわば、パン作りの優等生ですね。(イーストとは酵母菌の英名であり、本来は酵母菌全てのことをいいます。)


では反対に、天然酵母とは一体何なのでしょうか?
市販で売られている、ドライイーストだって、元を辿れば天然酵母なのに、可笑しいですよね。

何故かというと、天然酵母パンという名前を使うことによって、消費者に良いイメージをもってもらおうとするのが狙いだったのだと言われています。何となく、『天然』という言葉をつけると、無添加で、丁寧に作られていて、安心安全なイメージがありますよね。

天然酵母という言葉のイメージで、売れるから。という理由で、実際には殆どイーストで作られているにも関わらず、少しだけ天然酵母を加えて、『天然酵母パン』という名前で売られていることもあるようなので、『天然酵母』という言葉に問題があるのではないか?と考える専門家の方もいるみたいです。

『ホシノ天然酵母』というように、商品名として天然酵母と言われている場合もあるのですが、

そんな現状ではあるようなのですが、一般的に、現在認知されている『天然酵母パン』という表現のものは、
果実と水をビンなどに入れ、果実の表皮などについている酵母菌によってアルコール発酵させた液体(酵母液)を使用して作られたもののことをいいます。

実際に、酵母を起こしてパンを作ってみると、それが、今までにないくらい美味しいものでした。
実は私、パンについてはそれ程興味もありませんでしたが、作ってみたところ、
シンプルな材料で、こんなにも風味豊かなパンができるのかと驚きました。

勿論、微生物を相手にしていますので、簡単なように見えて難しいのも現実ではあるのですが、だからこそ、彼らの織りなす世界をのぞき見することができるような気がしています。


私は、上手に彼らと付き合うことが出来れば、何か、素晴らしいものを体験させてくれるような気がしています。





posted by COBO at 16:37| Comment(0) | 酵母について 酵母って何? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。