2015年04月21日

自家製天然酵母パン ストレート法と中種法

果物や植物などから酵母を起こすことができたら、早速パンを焼いてみたくなりますよね。パンを作るときに、ストレート法中種法。なんていう言葉を聞くかと思いますが、一体何のこと?という感じですよね。ここでは、自家製天然酵母パンを作る時に言われている、ストレート法や中種法について触れてみたいと思います。

*********************************

自家製天然酵母パン~ストレート法と中種法の違い

ストレート法
完成した酵母液をそのまま水分と、パンを膨らませる役目のために使う方法のこと。

DSCF1027ブログ用.jpg
金柑酵母の丸パン ストレート法

〜特徴〜
〇 粉と少しの砂糖と塩と酵母液だけで作れる為、粉本来の風味を味わうことができます。
〇 酵母液をそのまま使うので、粉と同様に、酵母液の素材の香りや味を感じることができます。
〇 中種法に比べて発酵に時間がかかります。さらに、上手に酵母が出来ないと上手くできない可能性があります。

ストレート法を使ったパンの作り方はコチラ


中種法
完成した酵母液と粉を混ぜることで、酵母をさらに培養したもの(パン種、中種という。)を使ってパンを焼く方法のこと。

DSCF1040ブログ用.jpg
金柑酵母の丸パン(大) 中種法

〜特徴〜
〇 パン作りの時に、中種を使う為、別に水分(水でも、牛乳等でもOK)を使う必要があります。
〇 上記の為、粉本来の風味や酵母液の素材の特徴はストレート法に比べると劣ります。
〇 酵母液を予め培養している為、ストレート法に比べると発酵のスピードは速いと思います。

パン種(中種)の作り方はコチラ

パン種法(中種法)を使ったパンの作り方はコチラ


最初は中種法から行った方が失敗しにくいかと思いますが、慣れてきたら、出来た酵母液や、作る時の時間などによって使い分けられると良いかもしれませんね。








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。