2015年06月30日

トマト酵母を起こしてパン作り

トマト酵母1324.JPG
トマト酵母、完成画像
蓋を開けると、途端に気泡が沢山出てきます。

使う時は、液だけ使って実は捨ててしまっても良いですし、実をミキサーで細かくしてドロドロの状態で使用しても良いかと思います。

トマト酵母の起こし方は。ウエダ家さんの方法で行いました。

トマト酵母は、足が早いそうなので、完成したら、なるべく早めに使うのが良いそうです。
中種法でもストレート法でもパンも作ることが出来ますが、中種法でしかまだ成功していません。

トマト酵母1333.JPG
トマト酵母の中種

 ● 中種の起こし方はコチラ
 ● 中種法の丸パンの作り方はコチラ

トマト酵母だからなのか、夏前で、生地内の温度が高すぎてしまった為なのかはまだハッキリしないのですが、粉を冷蔵庫で冷やして使用したり、水分量を減らしてみたりして試したところ、3回目で良い膨らみ加減の丸パンが出来ました。

しかし、捏ねまでは上手くいくにも関わらず、一次発酵辺りから次第に生地がダレてきてしまうということが何度かありました。

トマト酵母1330.JPG
トマト酵母パンの生地の捏ねあがり
ほんのりピンク色で、可愛いです。

トマト酵母1338.jpg
一次発酵後
驚くほど順調に見えるのですけどね、触ってみると、生地が次第にべたつくようになってくるんです。

トマト酵母1340.JPG
1回目
過発酵気味になってしまうのか、焼き色すらつきませんでした。

トマト酵母1401.JPG
2回目
この時、使用する強力粉を予め冷蔵庫に入れて、生地内の温度を上げないように気をつけてみました。しかし、1回目に比べると良いのですが、イマひとつでした。

トマト酵母1406.JPG
3回目
生地内の温度を高くしないのと同時に、水分量を気持ち少なくして、捏ねあがりを固めにしたところ、ようやく成功しました。

他にも、トマト酵母でフォカッチャを作ってみたり。

トマト酵母1405.JPG

 ● フォカッチャの作り方(後日アップ予定)

トマト酵母なので、以前作っていた、カラッカラに干したドライトマトを使ってみたのですが、カラッカラだったせいか、トマトが焦げて、結局そこだけよけて食べることになりました。


トマト酵母、パン以外の使い道はコチラ






【関連する記事】
posted by COBO at 23:50| Comment(0) | 酵母の起こし方 色々な酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。