2017年11月16日

糠床を育てる。その4〜おススメの容器〜


お客様から聞かれることの中で、容器についても質問を受けることがありました。

どのサイズの容器が良いのですか?
どの素材の容器が良いか?

等です。

前回のブログで、酸素が無くなると、酵母菌によってアルコール発酵が行われる。とありました。

酵母菌によって香り物質を生成することが原因なのですが、ある程度なら美味しい糠漬けになるのです。

ですが、進み過ぎると、シンナーのような臭いがしてきたり、アルコール臭がしてきたりする場合があります。

これらは気温が高い夏場のかき混ぜ不足によって起こることが多いのですが、その為、本来であれば、酸素を通す材質の方が良いそうです。(比べてみたことが無いので何とも言えませんが(;´・ω・))

なので、本来は、木樽やカメなんかが良いと言われています。

が、しかし!

今と昔とでは住環境も違うと思うのです。
密閉性の高い家が増えているので、常温で夏も保管。などはなかなか難しい家も多いと思います。

なので、プラスチックの容器や、ホーローなんかがやはり、スペース的にも楽だと思います。
もし、本格的にやってみたいと思う方がいましたら、是非、甕や木樽なんかで挑戦してみても良いかと思います。(是非、その際には感想を教えてください(^_-)-☆)

容量ですが、当ブログのレシピの分量に丁度良いサイズの容器は3〜4Lのサイズが丁度良く収まります。


ちなみに私が家で使用しているのは野田ホーローの糠漬け美人
容量は3.2Lです。

野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32




大きめの冷蔵庫であれば何とか入るサイズかと思います。
蓋もしっかりしているので、臭いはあまり気になりません。

トンボ つけもの容器 5型 漬物樽




こちらは5L入るサイズ。
これだとおそらく、1/2位になると思います。
実は漬物屋さんなんかは、この容器で育てている所も多いです( ^ω^ )

ただ、家庭の場合は臭いが漏れてしまうかもしれません。

味噌作りの時、実はこういう丸い容器で育てるのがおススメです。


野田琺瑯 ラウンドストッカー ホワイトシリーズ 21cm WRS-21




職場で使っていたのはこれです。
7Lサイズ。
当ブログのレシピの2倍の量で作りたい場合に丁度良いサイズです。

調べてみると、もう一回り小さいサイズの4.5Lもあるみたいです。
何といっても見た目重視という感じなのですが、中フタもついているので臭いが漏れません。

ただし、大多数の家庭の冷蔵庫には入れられませんので、常温で保管される場合のみですね。


他にも、プラスチックのタッパーなんかでも作ることが出来ますし、割と何でも出来るのですが、糠床の場合、ビンだけはおススメしません!

何故かというと、置き場所にもよるのですが、光が中に入りやすいのです。
その為、中の温度が上がりやすいですし、密閉性が高すぎる
と思います。

ですので、上記のあたりの容器をおススメします。





posted by COBO at 00:00| Comment(0) | 酵母を使った料理 ぬか床 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。