2015年07月06日

ブルーベリーの自家製天然酵母でマフィン

ブルーベリーの自家製天然酵母の中種を使ったマフィンです。
 ● ブルーベリーの自家製天然酵母の起こし方はコチラ
 ● 自家製天然酵母の中種の作り方はコチラ

ブルーベリー酵母1464.jpg

 ● 自家製天然酵母マフィンの基本の作り方はコチラ

中には、冷凍のブルーベリーを入れました。
水分が出てしまうことを心配していたのですが、大丈夫でした。

クリームチーズをちぎって入れたものもあるのですが、ブルーベリーだけでも十分満足感のあるトッピングでした。

ブルーベリーの酸味がマフィンの甘さと丁度良く合っていて、美味しいです。




2015年03月28日

イチゴの自家製天然酵母でマフィン

自分で酵母を起こしてパンを作るようになってから約半年。
そろそろ、酵母で他のものも作ってみたくなりました。

DSCF1103 (2).JPG

コチラは、イチゴ酵母の中種を使用したマフィンです。

普通、マフィンといえば、ベーキングパウダーを使うのが一般的なのですが、
それを使用すると仕上がりがどっしりとした、固めに仕上がります
私としては、もう少しふんわりとしたものが食べたいと思っていました。

そこで、中種を使用してみたのですが、
中種を使用するとふんわり感のある仕上がりになりました。
また、使用した中種の素材特有の香りがして、面白いのです。

画像は、イチゴ酵母の中種を使い、生地にはクリームチーズと柑橘のピール
入っています。香りと触感が色々組み合わせられるのも面白いです。

特にイチゴ酵母は、甘い香りが強く出てくるため、
マフィンなど、お菓子に使うにはとても向いていると思いました。

他にも、ホワイトチョコと柑橘ピールを混ぜたものも作ったのですが
こちらもとても良く合いました。

何度か作って、レシピが落ち着きましたので、書いておきますね。

*********************************

【材料】マフィン型6個分

● 薄力粉→150g
● 中種→80g
● バター→40g
● 砂糖→50g
● 卵→1個
● 牛乳→約50cc
● 付け合わせの素材→適量

【作り方】

@ 室温で柔らかくしておいたバターをボウルに入れ、
泡だて器でクリーム状になるまで混ぜます。

A 砂糖を入れ、さらに混ぜます。

B 溶きほぐした卵を加え、さらに混ぜます。

C 牛乳を入れてさらに混ぜます。

D 中種を入れて、よく混ぜます。

E 薄力粉をふるいながら加え、へらでさっくりと混ぜます。

F 付け合わせの素材もここで混ぜます。

G 型に6分目位生地を入れ、発酵させます。
オーブンの発酵機能を使っても良いですし、常温でしばらく置いておいてもかまいません。

H 生地が9分目位まで膨らんだら、
200℃で予熱しておいたオーブンで15〜18分焼いて完成です。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。