2018年07月11日

残った酵母液の使い道?!酢になった酵母液のジュースがなかなか美味しい!


思えば去年起こしたルバーブ酵母
そのまま冷蔵庫で放置していたら、酢になったので、果実は引き揚げ、煮沸、容器を移し替えて保管していました。
何故酢になるのか?はコチラをご覧ください。

1531228030846.jpg

中身はコレ。

1531228020145.jpg


で、この頃猛烈に暑いので、飲み物の消費が激しい!!
冷蔵庫に飲み物が無い!!(*´Д`)

と、そんな時に思いついたのがこの飲み物!!

1531227987820.jpg

一体、何と名付ければ良いのでしょうね?

フルーツ酢?
酵母酢?
酵素ジュース?
放置ジュース?
←あかんやろ"(-""-)"

酵母酢を使ったジュース と、一先ずは名付けておきましょうかね(;^ω^)


作り方は、超簡単

お好みのカップに、酵母液で作ったお酢と、お好みの果実のシロップを適量入れ、水や炭酸で割るだけ!!
私は、家にあった桑の実シロップを使いました。

1531227996915.jpg

酵母液から出来たお酢は、水分が多いので薄めなので、沢山入れてもあまり酸っぱくならないので大丈夫!
甘みが優しいお酢の酸味で引き締まり、夏らしい飲み物が出来ますよ(^^)

酸味のあるシロップより、どちらかというと甘みが多めのシロップと相性が良いような気がします。

もしご自宅の酵母液がお酢になったものがあったら、
この酵母酢ジュース、作ってみてはいかがでしょうか?
(但し、作者が推奨する方法で起こした酵母液を使ったもので作ることをおススメします)

勿論、出来た酵母酢の液の中に残っている果実は引き上げて、
清潔な容器に移し替え、適切に管理したものを使用してくださいね(^.^)
(あとは、自己判断で!!お願いしますよ(*'▽'))



それでは!(^^)/







posted by COBO at 02:22| Comment(0) | 酵母を使った料理 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

自家製酵母、パン以外の使い道〜イワシの梅酵母煮〜

自家製天然酵母は、パン以外にも使い道を見つけてあげたいと思っています。

酵母液は、種類によってはワイン等の代わりに煮込み料理に使ったりすると、
コクのある仕上がりになったりします。

今回は、梅酵母を使ってイワシを煮てみました。

青梅酵母1446.jpg

使う酵母は青梅でも紅梅でもどちらでも良いと思います。
今回は青梅の酵母を使いました。

青梅酵母1431.jpg

【材料】2人分

〇 いわし(大)→4匹
〇 ショウガ→1かけ
〇 梅酵母の梅(冷蔵庫から出して2~3日のもの)→2個
★ 梅酵母液→大さじ4
★ 醤油→大さじ4
★ みりん→大さじ2
★ 砂糖→大さじ2

【作り方】

@ ショウガを薄切りにして、イワシは頭とはらわたを取り、中を洗い、綺麗にふき取る。

A ★を鍋に入れ、煮立ったらショウガと梅を入れる。

B 再び煮立ったら、イワシを入れて、落とし蓋をして10〜15分煮る。

C 時々煮汁をイワシにかけながら、煮汁がうっすら残るくらいになったら火を止める。



味は、梅酵母独特の酸味が効いているので、さっぱりとした味わいです。
梅の出回る初夏に合う料理なのではないかと思います。

ごはんにも合います。

posted by COBO at 00:00| Comment(0) | 酵母を使った料理 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

梅酵母のパン以外の使い方〜鶏むね肉の酵母梅蒸し〜

梅酵母を起こした時に残る梅も、早いうちなら料理に使うことができます。

今回は、鶏むね肉を使って、蒸し鶏を作ってみました。
簡単で、とてもさっぱりしているので、お弁当のおかずに入れても良いと思います。

梅酵母料理1453.jpg

【材料】

● 鶏むね肉→1枚
● 塩→適量
● 梅酵母の実→2個位
● 梅酵母液→大さじ1位
● シソ→3〜4枚位

【作り方】

@ 鶏むね肉に、包丁で切り込みを入れ、胸を開いて平らにして、両面に塩を振る。

A 梅の実を包丁でたたいておく。

B 鶏むね肉に、たたいた梅の実を塗り、シソを置く。

C Bをはじからくるくる巻いていき、大きく出したアルミホイルでキャンディ上に包む。
(きつめに包み、両端は輪ゴムでとめると良い。)

D 蒸し器、又は鍋に2センチくらい水を張った鍋に入れ、蓋をし、10分くらい蒸す。

E 10分たったら火を止め、鍋が冷めるまで置いておく。

F 包丁で切って、お皿に並べて出来上がり。



そのまま冷蔵庫に入れて、食べるときに切っても良いです。

ハムのように、パンにはさんでサンドウィッチにも。

梅酵母料理1458.jpg
トーストしたパンに、バターを塗り、ザワークラウトと共に

乳酸菌と酵母菌のコラボレーションです。
(字にすると怪しいですね。)

ザワークラウトも、新鮮な良質なキャベツが手に入ったら自分で作ることも出来ますよ。
(これなら冷蔵庫でかなり日持ちするのです。)
posted by COBO at 00:00| Comment(0) | 酵母を使った料理 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。