2017年10月28日

私が発酵を勉強したきっかけ〜発酵との出会い〜


思い返すと今から4年前の2013年、日本発酵文化協会にて、甘酒作りのワークショップに参加したことがきっかけで、発酵の勉強をし始めました。そして、あれよあれよという間に、発酵マイスタープロフェッショナルという資格を取得していたのです。

当時、巷では、まだ発酵はそれほど注目されていませんでした
そして、勉強するうち、これは何だか、これから色々な可能性を感じる分野だ!と感じました。

元々、資格を取る為に勉強していた。というわけではなく、単に知りたい。という好奇心と知識欲だったと思います。この容器の中では一体、どんな生物(微生物)が関わり、どのような活動をしているのだろう?ということを知りたい。ということで、気づいたら資格を取っていた。という感じです。

そんな私はというと、最初は単なる料理ブログを書いていました
(一番最初のブログはなんと、ご飯の炊き方( ;∀;))

ブログを書いてみると、コメントをしてくれる人も居たり、中には友人が知らないふりしてコメントしてくれたりと、反応が嬉しかったこと、元々書いたりまとめたりすることが好きだったので、自然と更新することが出来ました。(始めたのも確か2013年。)

当時、介護の仕事をしていた私は、有り難くも毎日忙しく働いていました。
毎日お昼をコンビニで済ませていた時期もあり、その時代は確かに、あまり体調が良くありませんでしたね。

仕事がら、体力を使うという事や、忙しい日々の中で、自然と、時間をかけずに簡単に、健康で居られるものを食べるにはどうしたら良いのだろう?と考えるようになりました。それと、一人暮らしをしていたので、野菜を買っても食べきれないことも多かったので、野菜を干してみたり、ビン詰めを作ったり、自然と保存食に興味をもつようになりました。(実際、ビン詰めは見た目が可愛らしいので好き💛)

当時、インターネットで、味噌に野菜とかを漬けておくだけで美味しくなる。塩で揉んで適切な状態にして常温に置いておくだけで漬物が出来る!などの情報を観た時に衝撃を受けました。

え、これだけで?って。

もう1つ、当時の仕事先のご家族の方で、庭の梅で梅干しを作ったり、植物の話をしてくれるおばあさんが居て、私は仕事はほどほどに、そのおばあさんとのそういった話を聞くのが楽しみでした。(時にはおすそ分けをいただいたり。)

そして、そういった中で糠床や味噌にも自然と興味が沸き、自分も作ってみたい。と思うようになり、インターネットで検索すると、日本発酵文化協会で、味噌作りや甘酒作り等のワークショップをやっている。という情報を発見し、行ってみることにしたのです。

そして、恐らく、初めて講座を受けたのが甘酒だったと思うのですが、その際、
『麹菌とは、自然界では稲穂につくカビなのだ』ということを知り、何故か深く感動した覚えがあります。

そんな、今の自分では考えられない そんな存在と、長い間上手に関わり合いながら、今では無くてはならない、お酒やお味噌、お醤油なんかが作られるようになったなんて、当時の日本人ってスゴイ!!と、自分が日本人で生まれたことをちょっぴり誇りに思ったりしました。

元々が動物や昆虫などの、生物や自然が好きだっとこともあり、知りたいことがどんどん出てきました。
微生物との関わり方が上手くなればなるほど、美味しい発酵食が食べられるのですから。


そうして、家にはビンがどんどん増えていったのです(''ω'')


続く。





posted by COBO at 10:40| Comment(0) | その他 ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

ごあいさつ


DSCF1083 (2).JPG

私が酵母を含む、発酵食品に興味をもつようになったのは、
雑誌でたまたま見かけたことで、糠床を作ってみたことから始まりました。

野菜の漬かっているいる糠床の容器を眺めていると、
その中では土と同じような生物たちの営みが行われているのだと気づきました。

そんなことを考えていたら、自分は色々な存在に生かされているのだなぁ。
なんてことまで思考は進み、大げさにも、私はエラく感動してしまいました。

こうして私は、発酵食品に関わる微生物のことを勉強することになり、
植物の表皮に存在する、酵母を起こしてはパンを焼く生活をするようになりました。
(それ程、パンが好きではなかったにも関わらず!)

自分で起こした酵母で作ったパンは実に美味しくて、
それ程パンが好きではなかった私も、以前よりよく食べるようになりました。

こうやって、楽しみながら、自然を感じ、彼らのことを知ることが出来るなんて、
何だかとてもお得だなぁと思うのです。

微生物学の基礎が確立されたのはまだ100年余りだそうです。
まだまだ分かっていないこと、知らないことが沢山あるようです。

私は、彼らのことを知ると、不思議と、とてもワクワクしてきます。

そんな私のワクワクを綴っていくことで、
彼らの存在の素晴らしさ、面白さを少しでも伝えることができていたら嬉しいです。

posted by COBO at 01:17| Comment(0) | その他 ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。