2018年02月26日

簡単パンの作り方※更新 イラストつけました!

こんにちは。

前回前々回のブログでも取り上げていました、簡単パン
(単に、私がそう呼んでいるだけ)

それを知ったのは、コチラのサイト

どでかパンの作り方を知った時、この作り方なら、家庭で簡単にパンが作れると思いました。
ですが、実際この通りに作ると私の場合、気になるところが出てくるんです。
それはもう、性格的に(*´ω`*)

タッパーの中だけでグルグル混ぜても、万遍なく混ざらないよなぁ。とか。
発酵が終わってタッパーから取り出す時に、これだとなかなか綺麗に出来ないなぁ。とか。
そもそも三つ折りが難しいぞ。とかとか。

なので、私なりにアレンジしたので、分量も作り方も違いますので、お好きな方を参考にしてみて下さいね。

*********************************

【簡単パンの作り方】

20245859_1923801181215873_7853169208678261651_n.jpg


 [材料]〜ストレート法〜
 〇 強力粉→180g
 〇 好みの酵母液→160g(ダレが心配な場合、始めは150g程度にすると良い)
 〇 塩→2つまみ程度
 〇 タッパー→1つ

[材料]〜中種法〜
 〇 強力粉→150g
 〇 中種→60g
 〇 水→130g(ダレが心配な場合、気持ち少なめにすると良い)
 〇 塩→2つまみ程度
 〇 タッパー→1つ

 [作り方]※イラストつけました!

 @ タッパーの内側の全体に、薄く油をひいておく。
 A 強力粉と塩をボウルに入れてスプーンで混ぜる。
 中種法の場合は中種も入れて混ぜる。
 B 酵母液又は水を少しずつ入れてさらによく混ぜる。
 C 全体が混ざったら、打ち粉をひいたボードに出し、
 スクレッパーで生地を開いてから内側に折りたたんで 
 一まとめにする。(これを5〜7回程度行う)
 D タッパーに入れ一次発酵。(20〜25℃の場所で2〜3倍に膨らむまで)
 発酵終わる頃の1〜2時間は冷蔵庫に入れておく。
 ヤマモモ酵母の場合、24℃で6時間、冷蔵庫にて6時間程度発酵させました。
 E オーブンを250℃に予熱しておく。
 F 打ち粉を生地の上部に全体的に振りかけてから、
 オーブンシートを敷いた代の上に、タッパーを逆さにして、生地が自然に落ちてくるまで待つ。
 G 打ち粉をかけながら軽く生地を整えてから半分に折る。
 H 250℃のオーブンで10分、その後温度を220℃に下げて15分焼く。

スキャン_20180226.png

*********************************

この作り方、上記のサイトのどでかパンの作り方と似ているのですが、ロデブというパンの作り方と似ているんです。私も以前、たまたま行ったパン教室にてロデブを作ったのですが、加水率の高いパンは私好みのようで。

なので、どでかパンとその時に習ったロデブの作り方を自分流にアレンジして作りました。

一次発酵だけで良いのは楽だし、何より捏ねたりするテクニックや工程が少ないところが気に入っています。
そして何より美味しいですし、自家製酵母独特の噛みごたえも多少ありつつも、ふんわりしている為、自家製酵母パンの苦手な人にでも食べやすいと思います。

そして、加水率が高めなので何より時間が経ってもパサつかないんです(^.^)
これが一番嬉しいですね。


お家で自家製酵母パンを作りたい人には、とてもおススメ出来るパン。
簡単パンです!
(作り方の詳細の画像は、後日撮った際に、少しずつUPしていきますね。)


是非、お試しくださいね〜(^^)/






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。